いくぜ〇〇中!わが家の中学受験 in 2021(弟 編)

小3.11月にSAPIX入塾するも半年でAコース陥落。小4.6月に四谷大塚に転塾するも半年で偏差値35まで陥落。どん底から這い上がり、2021年首都圏中学入試逆転合格はあるのか?!次男(テツ君)に父が伴走する現在進行形ダイアリー。

9/24 塾の面談に向けて

 

テツが塾の面談の用紙をもらってきていました。

9月下旬から10月いっぱいくらいまでの間で、希望日程を記入して提出する感じの用紙。

平日は在宅とは言え一応勤務中なのでさすがに控えて、土日のどちらかで面談してもらうようにするのは良いとして、、

 現時点の受験予定校を書け(それも第8志望まで)

とのこと。

 

いやぁ、来ちゃいましたね・・・

 

2月の受験プランは本命3校でほぼ固まってきていますが、まだ一部悩み中のところがあり。

 

午後校も書いてみたものの、、、テツとの会話の中でほとんど話をしたことがない学校なので、全然ピンと来ないだろうな。

 

1月校については、、、完全にノープラン。

ですが、いまのところ栄東中か開智中か、どちらか一校に専念しようと思っています。

 

面談日程はおそらく10月の合不合の前後くらいになるでしょう。

受験プランもそうですが、受験予定校と出題傾向が似ている学校はどこかとか、聞いてみたいと思います。

 

9/22 芝オープン模試を受けてきた

 

4連休最終日の昨日は学習塾のジーニアス主催の「芝オープン」でした。

3年前、兄ケイの中学受験の時にネットでたまたま見つけ、申込をして受験したことを覚えており、

 テツは芝を志望校にするにはいくらなんでも厳しいよなぁ…

と思いながらも、力試しにと、申し込みをしておりました。

 

塾のwebサイトによれば、先着80名限り。

受付開始の初日に申し込み、無事受験資格をゲットできたので、昨日行って参りました。

 

集合は朝8:50。

地下鉄日比谷線神谷町駅から「いかにも」な親子連れが一様に芝中に向かっていきます。

どの子も賢そうで…、テツ、ヤバそうだぞ、と思いながら、わが子を千尋の谷に落とすつもりで送り出しました。

 

待機中は講堂でジーニアスの先生方による芝中入試各科目別の詳細にわたる分析・対策に関するお話、そして、同校の武藤校長のお話がありました。

兄ケイの時には芝中には何度も足を運んでおり、校長先生のお話も何度もお聞きしていましたが、相変わらず軽快で面白いトークで、コロナ禍中の学校としての取り組みや生徒さんの日頃の様子などについてオフレコを交えながらお話ししてくださいました。

 

これ聞いちゃうと、

「あぁ、自由で、のびのび、すくすくと男子が育っている本当に素敵な学校だなぁ、わが子をここに預けたいなぁ・・・」

って、志望度が上がっちゃうので困ります(笑)*1

 

そうそう、芝中は今年からweb出願になるそうです。

3年前は願書を買って、手書きして、、、出願準備までしていましたが、web出願になると志願者数がまた増えそうですね。

 

 

さて、テツのテストの出来はというと、予想どおり苦戦したようですが、難問揃いだから仕方ないね。

お昼は神谷町のファミレスでランチ。

出来が悪くても落ち込まずにモリモリご飯を食べられるところは立派。

 

結果は1週間くらいで出ると思いますが、気が向いたら記事にしたいと思います。

 

 

帰宅して、少しテレビなど見てから、当日分の家庭学習(算数、予シリ練習問題)をやって、夕方から塾へ。

休みの日だけど休みなしで、まさに受験生という感じの一日でしたね。

テツ、長い一日お疲れ様。

頑張った分、きっと学力はついてきているはず。このまま頑張っていこう!

 

*1:成績がついていかないので…

9/21 【入試過去問演習】成蹊中(2017年 第1回入試)

 

昨日は「敬老の日」で学校休み、塾もなかったので、過去問演習日に充てました。

手元の入試過去問集では今回(2017年入試分)から各教科の受験者平均点と合格者平均点もわかるため、科目ごとの分析ができるようになります。

目標では今回から合格最低点をクリアしてほしいのですが、果たして。

  

9/21 成蹊中2017年第1回入試過去問
    素点     受)平均     合)平均
 算数   74         58.1        70.2
 国語   31         46.2        51.8
 理科   38         33.1        36.2
 社会   32         30.7        33.0

 4科 175       168.1      191.2
 合格最低点 175 合格最低点到達率 100%

 

★コメント★

  • 国語、今回は記述に大苦戦。答案用紙の半分以上が白紙でした。朝からダラけていて気分が乗らなったというのもあると思いますが、喰らいつこうという気持ちが見られないのは悲しい。
  • 算数、今回は得点率8割に届かずも、なんとか合格者平均はクリア。大問2の小問集合で1問解けなかった問題(平面図形の求積問題)があったのは気がかり。
  • 社会、今回も何とか得点率6割は超え、ほぼ合格者平均レベル。資料から適切な箇所を探し出して記述するということはまだ訓練が必要だが、安定してきているのは良い傾向。
  • 理科、今回は問題との相性が良かったのか、得点率7割超え。記述もしっかり書けていたのは褒めポイント。年度によってバラつきが大きいので、もう少し安定してほしい。
  • 国語が足を引っ張るも、他3教科で少しずつ挽回し、ぎりぎり合格最低点に到達。ただ、前回同様記述部分点次第のところもあるため、評価は厳しくせざるを得ない。

 

前回と今回、はからずも自己採点では合格最低点ピタリ賞でしたが、記述問題の自己採点に怪しいところがあるため、まだまだです。

でもまぁ、ギリギリ勝負できるくらいにはなってきてると信じたい。

 

 

連休最終日の今日は、朝から芝中学のそっくり模試受験へ Σ≡≡≡((っ´・ω・)っ

それについてはまた別記事にて。