いくぜ〇〇中!わが家の中学受験 in 2021(弟 編)

小3.11月にSAPIX入塾するも半年でAコース陥落。小4.6月に四谷大塚に転塾するも半年で偏差値35まで陥落。どん底から這い上がり、2021年首都圏中学入試逆転合格はあるのか?!次男(テツ君)に父が伴走する現在進行形ダイアリー。

11/23 【入試過去問演習】城北中(2018年 第2回入試)

 

今日は3連休最終日の祝日。

予定どおり過去問演習です。

今週土曜日は小学校の土曜授業のため過去問演習ができませんので、11月としては最後の過去問演習回となります。

 

今日は城北中2018年の2月2日入試回。

3年前に兄ケイがまさに受験して合格をいただいた回です。

当時、発表された合格最低点が異様に高くて衝撃を受けた記憶があります。

 

さすがに今のテツではまだこの回で合格点を取れるほど仕上がってないとは思いますが、、どこまで戦えるのか。

2月1日と2月2日のギャップを測る良い機会でもあります。

 

結果です。

 

11/23 城北中2018年第2回入試過去問
    素点     受)平均     合)平均
 国語   44         57.0        62.0
 算数   57
         68.0        80.0
 社会   48         46.0        51.0
 理科   40         51.0        57.0

 4科 189       222.0      250.0

 合格最低点 226 合格最低点到達率 84%

 

★コメント★

  • 国語 記述部分点の自己採点を含む(53点中14点相当と判断)。読解の記号選択と漢字で30/47点中とまずまず健闘してくれたものの、記述は解答に必要とされる要素が足りず、厳しめの部分点になりそう。主語、述語、目的語などをちゃんと書くこと、文末表現など、今更だけど訓練していかないと…
  • 算数 大問4(平面図形)、大問5(速さと比)で想定配点計44点のところ13点しか取れてない。問題を解いている様子を見ても明らかに後半で失速したので、おそらく「穴」になってるでしょう。特にグラフを用いた速さと比は明確な苦手単元であり基礎からやり直したい。
  • 社会 漢字ミス(和同開珎、核兵器)と回答方式ミス(【湾岸】戦争と答えるべきところ【湾岸戦争】戦争と回答)で計6点マイナス。知識として入っているもので失点するのは悲しい。それも含めて実力なわけだが。
  • 理科 平均点が50点台と高く、比較的解きやすかったと思われる回だったが、分野によるばらつきが大きくテツの得点は伸びず。特に物理分野(物の運動)と生物分野(植物)での失点が大きい。理科で受験者平均に届かないのは痛いよ。
  • 目標点に届いた科目は1つもなし。やはり第1回に比べ問題の難易度が高い気がする。そのうえ受験者層のレベルも高いので受験者平均点にも合格最低点にも遠く及ばない。2月2日入試回は2戦2敗。第1回で合格しないと相当厳しいぞ…

 

 

算数を解いている最中、前半はスラスラだったのに、半分過ぎたところから急ブレーキ(おそらく大問4と思われる)。

髪を掻きむしり(ハゲるぞ…)、地団駄を踏んで(床抜けるぞ…)、イライラMAXで半ベソ書きながら最後までやりました。

「難しいけど、これを解かないと合格できない!」と、真剣に志望校の難問と向き合う姿勢。

今まであまり見られなかったけど、本気のスイッチが入ってきたのかな。

残念ながら点数にはつながらなかったけど、こういう瞬間瞬間に学力は伸びているはず。

 

とりあえずは、お疲れ様。よく頑張った。

今日の午後はバスケなので振り返りは夜に。

バスケ行くのも久々だから、しっかり楽しんでリフレッシュしてきなね。

 

11/21 【入試過去問演習】城北中(2018年 第1回入試)

 

前回(11/7)、合格最低点到達率77%(国語の記述除く)と、『がっかり…』な結果だった城北中。

今日は2018年の2月1日入試回です。

第1回入試だからな、、、気を引き締めていこう。

 

結果です。

  

11/21 城北中2018年第1回入試過去問
    素点     受)平均     合)平均
 算数   87         64.0        77.0
 国語   55         53.0        59.0
 理科   49         38.0        45.0
 社会   50         47.0        53.0

 4科 241       202.0      234.0

 合格最低点 217 合格最低点到達率 111%

 

★コメント★

  • 国語 記述部分点の自己採点を含む(57点中27点相当と判断)。記述の内容的にはこれくらい書けていれば十分部分点をもらえそうで、なんとか受験者平均点くらいには届くか。今回は漢字も9/10問正解とハマってくれた。
  • 算数 時間を20分弱余らせて終了。誤答は僅か2問と善戦し、合格者平均点を10点超過(*'∪'*)b。早く終わるのは別に構わないのだが、本番もこんな感じだとせっかく高めた集中力が切れちゃいそうで、それが心配。(試験本番では解き終わっても時間終了までは席を立てないはずだし…)
  • 社会 声教の想定配点では50/70点だが、配点にやや疑問。念のため正答率でも確認。正解36/51問中(70.5%)で49点相当。結果ほぼ同じか。結構間違えている印象だが何とか7割は取れたので及第点。
  • 理科 声教の想定配点では49/70点。正答率で見ると正解23/32問中(71.8%)で50点相当。社会と同様で結果はほぼ同じ。平均点が低めの割に7割取れたのはまぁ健闘したと言えるでしょう。化学分野のグラフを書く問題はしっかり復習しよう。
  • 目標点は週テストと同様240点(算80、国60、理社計100)と設定していたが、ほぼ想定通りの得点で目標クリア。国語の記述部分の父採点は怪しいところもあるが、厳しめに見ても合格最低点はクリアしてると思われる。これで2月1日入試回は2戦2勝だ!

 

四谷大塚の資料によれば、同校2018年第1回入試の結果80偏差値はY55。

2020年は同Y57で、2021年の予想も同様にY57と高いため、単純な比較はできませんが、それでも合格最低点をクリアし、合格者平均点前後の点数を取れたことは自信を持っていいでしょう。

合不合の偏差値は全然届いてないけど、過去問との相性が大切なので、この調子を維持させていきたい。

 

 

午後は塾で週テスト。

先週は6年で過去最高の好成績。

今週も期待してるぞ!頑張ってこい!

 

11/18 【入試過去問演習】明大中野中(2015年 第1回入試)

 

今日は小学校が四時間授業で早帰り。

いつもは水曜日はミニバスなのですが、それも今日は休み。

なので午後まるまる時間があります。

これは過去問やるしかないでしょ、ということで今日は父も仕事を休んで過去問演習につきあいました。

もともと過去問演習を計画していなかった日なので何やろうかな…と考え、日数が足りずに計画に組み入れられていなかった明大中野中の一番古い過去問をやることにしました。

 

この回は、国語だけは個別指導塾で見てもらったんだよな。(↓)

ikuze2021chugakujuken.hatenadiary.jp

  

明大中野中はテツの心の第一志望校。

理由は「近いから」、、って流川かよ!*1

 

朝、「午後はメイナカの過去問やるよ」って言ったら満更でもない表情。

モチベーションが高いのは良いことだ。

では、結果です。

 

11/18 明大中野中2015年第1回入試過去問
    素点     受)平均     合)平均
 国語   58         55.6        63.9 ←別日に実施済
 算数   79
         41.0        52.3
 社会   36         32.5        37.5
 
理科   26         26.9        32.8

 4科 199       156.0      186.5
 合格最低点 168 合格最低点到達率 118%

 

★コメント★

  • 国語 大問1が説明文の読解で60点配点。大問2~4が漢字・語句で計40点配点。漢字・語句の配点が異様に高い…男子校にしては国語の平均点が高いのも理解できます。漢字と語句で8割は取りたいですが、テツは6割。読解でそこそこ点数を取れているだけに、、、漢字と語句、ちゃんとやろう。
  • 算数 速さと比の単元で苦戦。同校は速さ系(旅人算、図形上の点移動なども含む)の単元は必出のため過去問で訓練しておきたい。全体的には善戦。特に大問2の文章題は全問正解としっかり得点してくれた。合格者平均を大きくクリアし、全体を牽引してくれた。
  • 社会 用語記述は8割以上完答。記号問題の失点が目立つ。大問4のみ正答率が低いが2014年の時事問題なのでまぁ仕方ない。ほぼ合格者平均で及第点。
  • 理科 この入試回は大問1・2が生物、3・4が地学、5・6が化学、7・8が物理分野。問題数はかなり多いが時間を15分ほど余らせて終了。集中力が切れてたかな。後半(大問6~8)の正答率が異様に低く、受験者平均がいっぱいいっぱい。
  • 合格最低点到達率は118%と上々。ただし、算数→社会→理科とどんどん得点率が下がっていったのが気がかり。集中力が続かない。直近3年の合格最低点は200点ラインのため、科目ごとの責任点は算数70点、国語60点、理社計70点という計算。

 

同校の入試科目順は国語→社会→理科→算数。

算数の平均点が低いのはその影響もあるのか?

今回はその順番で実施できなかったので、追い風参考記録みたいなものですが熱望校の初回としてはまずまずの滑り出し。

 

合格最低点突破してたのがわかったら解きなおしもせずに休憩・遊びモードに入ったので父のカミナリが落ちました。

出来なかった問題、間違えた問題の解答解説をちゃんと読んで理解を深めないから学力が伸びないんだよ…

 

同校の過去問演習は1月に入ったら本格的にやるという計画を立てていましたが、勝負勘を鈍らせないようにするために、それとテツのモチベーション維持のためにも12月にも少し織り交ぜながら進めていくように計画を修正しようかね。

 

まぁでも、何とか戦えそうだ…とわかったのは良かった。

次は入試本番と同じ時間帯、同じ順番で通しでやってみたいと思います。

 

 

*1:スラムダンク第17巻参照