8/31 組分けテストに向けて(3)

 

組分けテストを明日に控えた土曜日、最終調整中です。

 

今日の課題は父監視のもと、6月9日分の5年(上)第3回組分けテストの再トライです。

今日の午後は別記事にUPした某入試イベントに参加するため、午前中に算・国、帰宅後に理・社をやりました。

 

さて、まず当時の結果はこちら↓

ikuze2021chugakujuken.hatenadiary.jp

 

この前の回といい、この回といい、振り返るほどに悲しくなる低空飛行ぶりです…

このときが一応現時点(8/31時点)では底。クラスはA-12という…

同じ問題なので、Bボーダーはさくっと超えてほしい。

 

結果です。
(偏差値は素点をもとに週報より推測)

 

5年(上)第3回公開組分けテスト(再トライ)

     素点      偏差値
 算数   88        47.0
 国語  126       73.5
 理科   49        48.0
 社会   56        52.0

 4科  319       54.0

 

おいおい、国語、マジかよ?

初回、壊滅だった読解問題の記号選択がパーフェクト…

「問題はなんとなく覚えていた」ということでしたが、そもそもテスト後に復習していないはずなので、答えを覚えているとは思えず、素直に喜んでいいのか、わかりかねる父です。

 

算数は、初回比では40点増でしたが、平均点には届かず。

う~ん、苦手範囲なのか。

 

社会は、相変わらず誤字も多いですが、この単元はそもそも知識的な抜けが多い感じです。

理科も相変わらず満遍なく失点しています。得意分野ないのか?

 

国語のアクシデント(?)により、4科合計では 初回比で約140点の増。

組分け結果としてはB-4相当。

なのですが、まぁアテにできず。

とりあえず算数の正答率50%以上問題の取りこぼしをやり直すのと、社会の漢字どうしようかなぁ…

 

 

明日はいよいよ組分けテスト本番。

5年(上)第4回のコピーが残っているので、午前中に再トライします。